まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

“ランチの会”からランチへ、美味しゅうございました^^

今日は、月に一度のランチの日でした。


一人では行き難いから、
このランチの会は大変ありがたいですね、
管理人さんが良さげな店を探して下さり、
行きたい者は、ポチっとするだけ、
何より近くであるので楽、フラフラ散歩がてらに行けるしね。


今日は、見た目が可愛らしく、秋を感じる土瓶蒸し、
そして、鯛のアラ炊きまで付いて、
お腹は一杯、値打ちがありましたよ。



          ↑ お安いです ¥3240


そして、この後『コーヒーに行きますか?』
誰かが口を切りますね、
内心思うの、言わんでもええのに、
『じゃ、またの機会にお逢いしましょう』
これでいいと思うんだけど、なぜかお喋りしたい人がいるのよ、
こういう会での相手は、HNで呼び合うし、
相手も変わるから、
逢う人逢う人にプライバシーを公表するのはねぇ、
妙に興味を持たれるのも煩わしいから、
食事中に、当たり障りのない会話をし、
終わったら、美味しかったわね、また宜しくお願いします、
こうしてサラッと帰りたいと思っている私は、
絶対coffee参加はしません、
どう思われてもいいの、
割り切って、サラッとした関係を保ちたいと思って、
『では、失礼します』サッサと歩いて帰って来ますのよ。


ダラダラ喋ると、話題を提供しなくちゃならなくなるし、
そうなると気がしんどくなり、イヤだなぁって事になるしね。


だってね、今日だって、お金を出す時、私の指を見て、
 『あら、素敵な指輪ね、トパーズ?』って、、、


『いいえ、オモチャよ』


『またぁ~そんな事おっしゃって、
     海外で買って来られるの?』


大きくて可愛いだけ、
ただのアクセサリーなのにね、
私、セレブなマダムじゃないわ(笑)


こういう会話になるのが嫌で、
食後のcoffeeは避けてます(^^;)


私には、興味を持たないで下さいね、なのよ(笑)



満たされているけど、なんかねぇ、、、


昨日は、久々に兄と飲み会をして来た。


生小1杯とハイボール2杯、私の今の限界だね、
ホント、飲めなくなりました(>_<)


たわいない話し、私がワイワイと喋って、
兄は耳を傾けてくれる、
私に恋人いた事、そして亡くなってしまった事、
そういう話は出来ないけど、
後は本音で喋れる一番の相手かもね。


旅行の話しをし、あと何回行けるだろうね、
身近な人が亡くなってしまうって、
存在が消えるのは寂しいね、、、、


元夫の骨壺の大きさや、残された通帳の残高、
家の売却に関して、
ま、色々喋って、、、


兄妹で5時間ビアホールに居続けて、
毎度、最後はパフェか、かき氷で〆るけど、
かき氷の季節は終わってたわ、
何かないかしら、、、??
スタバに行って、抹茶クリームフラペチーノを食べながら、
ウダウダ1時間喋ってお開き、
毎度の事だけど、兄妹でよく喋ってるわ(笑)



自由です、旅行だって、国内外何処へでも出掛けられる、
普段の生活も満たされてる、なんですが、
なにか物足りなさを覚えるのよね、
そう、兄は兄なんですよ、異性でないのよね、
甘える事も頼りにもなる兄だけど、
あくまでも兄なのよね、恋人じゃないのよね、、、、


これが物足りなさを感じる事なのかしらね、
で、何人もの人と逢ってみたりもしたけど、
結局は好きになれず、、、、同じ事を繰り返しているだけ。


いい加減諦めろよ、私!!


ですね(^^;)








アッ!、ブラ忘れてるやん(笑)

普段は家着として、
Tシャツ&ハーフパンツで過ごしている日々、
いつも出掛ける20分前にお着替えをします、
で、散骨に行く日、
ノースリーブのワンピースに、
ボレロ風カーディガンという装いで行きましょう、
それなりの格好じゃないとね、な~んてね(^.^)


柔らかい生地だけど、透ける素材じゃないので、
スリップは要らんなぁ、と。


パッパッと着替えを、服に合うピアス、指輪をつけ、
靴を選び、これでよし、OK!


傘をさして家を出ました♬


歩きながら、何気に脇の辺りに手をやった時、
あ~~ッ、ブラジャーしてないわ、忘れてるぅ(@_@)


締め付け感がなくて、
なんか自由だなーと思っていたけど、
ブラジャー忘れてたんや(笑)


豊満な乳が、ワンピースの下で揺れてる、な~んちゃって(^^;)


カーディガンと言ってもボレロ風、
前ボタンはありません、乳首が隠れるか隠れないか、
微妙です、どうしょう、う~~ん。


ブラをつけに家に戻ると、
息子との待ち合わせ場所の駅に着くのが遅れるし、
こうなったら仕方ない、ノーブラで行くしかない、
乳首を気にしながら電車に乗って行った、
息子夫婦が迎えに来てくれた車の中で、
二人にノーブラの事を話したら、息子は苦笑い、
母のノーブラ話には苦笑いしかないよね。


最後まで気が付かなかったら、
な~んて事なかったと思うけど、
知ってしまうと羞恥心が出るわね、
と言っても、
帰りは京都駅の伊勢丹に寄ったけどね、ノーブラで。

  


そうね、もう人生怖いもんなしよ(^.^)