まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

父の納骨袋を手作りしたけど、、、


人一人がこの世から消えるという事は、
後の事務処理が本当に大変でね、
年金を止めるにも、やれ住民除票だの、戸籍謄本だの、
1回では済まない、
昨日も兄と一緒に足を運んで、やっと終わってホッとしたけど、
まだまだ終わりは見えない、
特に金融関係は大変だわ( 一一)



兄が、納骨の時の巾着袋をアマゾンで買おうと思ったら、
1990円以上でないと送料は有料、
晒で作った袋が2000円近くになる、まったく高いわ、
てな事を言ったので、
通販で調べてみるも、巾着袋は売ってはいるけど、
白の晒で作った物は売ってないわ、
そこで、私の口が勝手に言ってしまった(笑)
『ほな、私が縫うわ』


最近は目を使う事がイヤなので、
本も読まない、縫物もしたくない、
だけど、言ってしまったのよね、、、


寝る前に、巾着袋の縫い方をイメージしてたら、
目が冴えてなかなか眠れなかった、
でも、お父さんの骨を入れる袋やもんね、
思いを込めて作りました。


が、あれ???


袋にはお骨だけを入れる?


骨壺ごと入れる??


作った後、う~~ん、、、どうなんやろぉ?


骨壺ごとなら小さいかなぁ、、、

駄目なら作り直しになるかも、
でも、父の事だから、最後に入る納骨袋やもんね、
その時は気持ちを込めて作り直すよ、お父さん(^.^)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。