まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

父に逢いに行くと、、、、



昨日は父に逢いに施設へ、、、、


もう口も利けないし、体も動かない、
でも、私ら兄妹が行くと分かるようで、目を見つめる。


流動食を口に運び、食べ終わって暫くするとお昼寝タイム、
『お父さん、又来るわね』


そう言うと、顔を少しゆがめ、寂しそうにする、
目がウルッとしてるような、、、、


長生き、めでたいだけじゃない、ツライよね。



施設には老人がほとんどだけど、
中には50代と思われる人がいる、
なんでだろうと思うけど、それは訊けないしね。


最初見掛けた時はシッカリ歩けていた人なのに、
数ヶ月経った今は、進行が早くて、歩けなくなり、
食べ物を口に入れる事が出来なくなってる、
そういう姿を目の当たりにし、
施設から帰って来ると、気が重くなっているのよね、
先を考えると気が滅入るというか、楽しい事があるのかしらと、、、


それでも、直ぐに元気な気持ちに戻るけど、
確かにウキウキする事はなくなって来たし、
気持ちが高揚する事が無くなって来てるよな、って感じ。


気持ちが沈ませては駄目だ、老いるのは未だ先だわ、
今から老いた気持ちになってちゃアカンよね。


まだ恋だって出来るかもだし、、、ネッ(^^;)

恋した人を想い出すには、wahamのラストクリスマス


Wham! - Last Christmas 


もうクリスマスには縁がなくなった、
プレゼントする相手は、我が子にだけ、
それも、現金が嬉しいよねって感じだし、、、(^^;)


そうです、今は何もないから過去を思い出す、
そんなクリスマスです、
オバサンになっても、
心にはロマンチストな部分はありますよ(^^;)


オバサンになっても、
好きな人からのプレゼントは嬉しかったなぁ、
値段なんか関係ない、リンゴ1個だって嬉しいもんですよね。


今は亡き好きな人からのプレゼント、
        クリスマス近くになると眺め、

            

  “wham last Christmas”を聴いて、心はウルウル、、、


亡くなって7年10ヶ月、、、、



親って、子供が幾つになっても可愛いものなんですね。

息子からLINEが、
“あのコート、そっちに置いてあるかな?”と、
クローゼットに掛かってました。


『取りに行くわ』


今日は、これから父に逢いに行くので私は留守、
出しておくからね、、、、


息子が来る、私はいないけど、、、、


何か上げる物はないかなぁ、、、


探すんですよね、なんにもないなぁ、それでも何かと思うのです。


味付け海苔、野菜ジュース、缶コーヒー、ペットボトルのお茶、
そうだ、貰った商品券があった、
 リスマスも近い事だし、それ+1万円(^.^)

 
昨日は、娘も息子もボーナスが出た日、
私より金はあるのよね、
でも、親って子供に何かしてやりたいんですよ、
親馬鹿チャンリンと言われようが、、、(^^;)


いい年した大人になっているのにね(^^;)


今日は会えなくて残念だわ(ーー゛)