まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

誰かを好きになれたら、毎日が楽しいと思うけど・・・

と、思いますが、現実になると、
今更もう面倒臭いという気持ちもあるし、
無いものねだりなんだろうなぁ、ふっ。


ご飯食べに誘われて、
いざ、約束を取り交わそうとすると、
面倒臭いんだわ、今更、周りが見えなくなる程惚れる、
てな事はないわなぁ、
電車乗ってて、周りの男の人を見て、
ときめくような人はいないし、
現実的に考えると、ありえへんよなぁ・・・。


男友達と言えるジジ友さんが、
『久し振りに京都に行くわ、鰻食べて喋ろか』


10年来のジジ友、言いたい放題遠慮のない関係、
面白いおっちゃん、それ以上でも以下でもなく、
お喋り相手ですよね。


この鰻屋がお気に入りで、
ここで特上鰻重をご馳走になりお喋りするんですが、
痩せはしないけど、食べる量が減って来て、
beerを飲むと、もう食べ切るのが大変、
腹が直ぐにパンパンになり、
ご飯を分からないように残したわ。


ジジ友78才、
この年齢の人は、食べ物を残す事は絶対しない、
お米1粒も残さない、だから、鰻重の蓋を全開しないで、
そっとご飯を残すんだわ、悪いと思うけどね。


大好きな“う巻き”これも2切れ目はしんどくて、
無理に食ったって感じですよ、あ~~あ年やなぁ(>_<)


お腹はパンパン、だけど、
『まりえちゃん、お口直しにcoffee飲みに行こか』


定番のコース、高島屋に向かいます、
そして、ウダウダとお喋りをしていたら、
ジジ友の爆弾発言に私はビックリした、
『いや~、私の知らないTさんやん、それってエロいやん』


私には好々爺のジジ友、が、違った面を持ってました、
男やなぁスケベですわ、エロ体験話しを聞かされた(笑)


面白いから、その内容をここに書きたいけど、
ちょっと破廉恥で恥ずかしいような、
オッサンのエロ体験談でした。


毎回4時間のお喋りでバイバイ(^.^)/~~~


次回からは、鰻は卒業して、“天ざる”
これにして貰おう(^.^)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。