まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

平湯温泉で泊まった宿、良かった(^^)


今回の一人旅は、自分で宿探しからしている、
ビジネスホテルなら、
チェックインの時に顔を合わすぐらいで、
気楽っちゃ気楽、
今回は宿、それも豪華な宿じゃなく、
こじんまりした宿を選んだと言うか、
オバサン一人で泊まっても、気兼ねをしなくていいような宿、
それでも、行くまではちょっとドキドキよ、
家族連れ、友人同士、、、、
そんな中に、私だけが一人なんて、
本人はなんともなくても、他の人から見たら、
ワッ、一人で寂しくないのかしら、
なんて事を思われるかもしれないし、ネッ(^^;)



平湯温泉バスターミナルから歩いて直ぐで、
分かり易くて良かった、
宿の玄関に爺ちゃんがいらっしゃいました、
『こんにちは、お世話になります』

宿のご主人だったのです、
83歳のご主人と奥さんが女将さんをされて、
高齢のお二人がされている宿でした。




お二人とも気さくで感じよくて、
ここを選んでよかった、そう思える宿だった、
何が一番いいかって、それは風呂!!


貸切り風呂なんだわ、
空いている時に勝手にどうぞ方式、
内風呂が2つ、露天風呂が1つ、
この貸切風呂は本当にいいのよね、
誰に気兼ねすることなく、
手足を伸ばし、露わな姿でも平気、誰も見ちゃいないんだもん、
今回温泉宿を選んだのは、
ヨガを張り切り過ぎて、坐骨神経の痛みが出たから、
温泉に浸かったら少しでも和らぐかと思って、、、。



しかし、高齢になっても宿を切り盛りされてる、
スゴイと思う、
だって会社員の場合は60歳定年、
退職金貰って、年金貰って、隠居生活に入るんだもんね、
何して遊ぼうかなぁって、余生の始まりですよね、
ところが、83歳になっても、
現役で女将業をしている温泉地の女性、
きっとボケないんじゃないかと思った、
体を動かし、お客さん達と喋ったり、、、、


スッカリ気に入ってしまい、
来年も又泊めて頂きたいと思いました。



2食付いて、税サ込¥10150


ほんと安いでしょ(^^)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。