まりえオバサンの気まぐれ日記

60代、一人暮らしを自由に気ままに、
身の丈を知り、慎ましく、そして呑気に生きてます。

最後にキスをしたのは何時ですか?

月曜日、上高地からの帰りのバスで隣り合わせになり、
お付き合いが始まり早14年の月日が経った、あっと言う間にね、
その彼女と石清水八幡宮をウロウロして来た。


北欧の土産も渡したかったしね。



上りはケーブルカー(200円)下りは自分の脚で歩いた。



この彼女はお酒がめっぽう強い、
私は小ジョッキ、彼女は中ジョッキを片手に、
しょもない話しで盛り上がります。


その彼女が、
『少し前になるけど,TVを観ていたら、
  松居一代が言ってた、最後にキスをしたのは、
   ワッ、10年前になる、って、
  そして、そう言われてみたら、私は何年前だろうと??』


10年どころじゃない、もっと前だわ、って(笑)



私も考え、想い出そうとしました、
想い出せるのです、私の場合はね(^.^)


11年前、そう最後のキスは11年前なんだわ(*^-^*)
そして、男性の体に触れたのは、
病室のパジャマ姿の彼の体に、そっと手を当てた8年前の事、
それが終わりだわ。


自分の娘に触れる事はあっても、
   他人さんに触れる事ってないわね、
     スキンシップとは縁遠くなってるわ。



もう誰にも触れる事無く、人生終わるんでしょうね、
あ~~寂し(._.)



でも、中高年になると、キスしてない期間が10年なんて、
そこら中に転がってる話しじゃないの(笑)



このガーリックトースト、めっちゃ美味しかったわ。



アオサギよ、お前も独りか、一緒だね(^^;)



昼間飲むビールは酔いが回るよね、
フラフラ歩いて帰れる私と違い、
彼女は遠く奈良まで帰って行った、ありがとうね。





時代の波に乗り遅れないようにしなくちゃ!

日本の空港・関空なんかでは、有人のチェックインカウンターで、
パスポートを見せ、搭乗券を貰い、
ここで必ず言います“通路側の座席希望です” “満席ですか?”


満席でなきゃ、二席、3席確保して、横になれるしね(^.^)


そして、クレームタグをスーツケースに付けて貰って、
搭乗口へと・・・。


そういう流れが当たり前だったけど、
今は、機械化が進んでますね、無人ですね。


スウェーデンの空港から、
フィンランドの空港に向かう時のチェックインカウンターは、
無人化です、機械で各々がチェックインするの、
パスポートかeチケットかでね、
関空までの搭乗券が発行され、クレームタグも出て来る、
座席も決まってしまってる、
あら、窓側?、真ん中?、通路側?


今度は、搭乗券で確認するのです、
で、真ん中だったらイヤやんって事で、
通路側の空きを調べ、変更するの、自分でね。


高齢者になると、自分で出来ない人の方が多い、
しかし、これからはこうして機械化が進み、
なんでも自分でやらなきゃならない、
うかうかしてられない、時代の波に乗ってないとね。




そして、最後はフィンランドの空港から関空へ、
その時も無人、顔認証をするのです、
ここで面白い出来事がありました(^.^)


添乗員さんが、冗談で言ったのか分からないけど、
《顔認証をする時、手を\(^o^)/して下さいね》って。


しかし、外人さん達誰も\(^o^)/してない、
添乗員さん、当の本人もしてなかったよなぁ、
が、一人高齢の女性が言いつけを守り、
\(^o^)/をしてるけど、認証されず、何度も何度もやってました、
余りにモタモタしてるから、係員が来て、
帽子を取れ、眼鏡をはずせ、靴の絵がある位置に立て、と。


添乗員さんの、\(^o^)/するんですよ、
これは冗談だったのかしら?



私もどんどん高齢になって行く訳で、
海外旅行が怖くならないように、
時代の波の乗り遅れないように、
海外に行き続けなくっちゃ、ネッ(^.^)



憧れの北欧は、ちょっと違ったかな^^;)


北欧に憧れを持っていたけど、
ツアー代金が高い、一人部屋追加料金も高い、
って事で、後回しにしていたけど、今回は同行者が出来たので、
念願の北欧旅行が実現したけど・・・・



ハッキリ言ってしまうと、感動も感激もなかったわ。


フィヨルドはニュージーランドに行った時と変わらずだったし、
街も特になんて事なかったし、
ノーベル賞の受賞会場、晩餐会会場を見たところで、
感激もないし、
ノーベル賞のメダル型チョコは高いしね(^^;)


北欧の妖精・トロール、妖精と言うか、魔法使いみたいだけど、
なんか可愛いから自分用に買って、飾ってありますわ。



デンマーク・コペンハーゲンの人魚姫象、
マーライオンと同じ、
これも世界3大ガッカリを裏切りませんでした(笑)


その傍にいた日本人のオニイサン、
ヒッチハイクで各国を回っているんですって、
折り紙で鶴を折っているのを自転車の籠に入れていたし、
カンパして上げようと思ったけど、
なんせカード支払いだけの為、小銭と言うか、クローネ持ってないし、
少しお話しだけさせて貰い、“楽しんで頑張ってねぇ”だけ。


おにいさん、34才?36才って言ったかな、若いってイイね。


パンフレットでよく見るわね。



近くで見るより、遠くから見る方が綺麗だったわ。


ドイツもだったけど、自転車専用道路が優先って感じで、
朝の自転車通勤が半端なく凄かった、
道路を横切るのが怖いわよ。



コペンハーゲン・チボリ公園傍のパブは賑わってましたね、
しかし、海外の人って、外での飲食が好きよね。



今回の北欧、日本人を見る事は殆どなかったけど、
某国のお方達には、あっちこっちでお目に掛かりました、
大きな声、原色のお洋服をお召になり、とても賑やかでしたわ。




アッチコッチ行けて、本当に有難いと思ってますが、
行き慣れてしまった感もあり、
少し間をおいた方がいいのかと思ったり、贅沢な事を言ってますね。


でも、元気で長時間飛行機に乗ってても疲れないこの体、
有難い事だと思っています、感謝!!


これからも、まだまだ行きますよ(^.^)